×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×看護師の世界も終わった・・・と思った瞬間

    看護師の世界の終わり


    こんにちは。
    「ゆとり世代」を教育している看護師のKeiです。



    (新人看護師:赤色)「Keiさん、患者さんの呼吸器のFIO2が30%ってなっているんですけど」


    (Kei:青色「うん」




    「これって、空気中の酸素を集めてそのうち30%を患者さんに送っているって事ですか?」




    「・・・・??」
    「空気中の酸素は何%?」






    「え~っと・・・・」(しばらく沈黙)
    3%・・・ですか?」





    お前バカか。と言いたいのを押さえて・・・・

    「違うよ・・・」



    「あなた(隣にいた新人さん)わかる?」






    「・・・・」(しばらく沈黙)
    「え~何%だったっけ?」
    「50%?」





    あ!「20%くらい・・?」




    本当に看護師の国家試験に受かったのかこのバカ達?・・・と言いたい気持ちを抑えて、
    「あぁ・・・おしい!」

    「21%だね」






    いや・・・もう限界。
    こんなのが一人でもいるんだから看護師の世界も終わっているね・・・


    バカも休み休み言えよ。
    そんな事今どき中坊でも知っているよ。
    お前ら、本当に勉強してないだろ!
    「家で勉強しなくていい」と看護部から言われているらしいけど、本当にしてないのか?
    大丈夫かよ、そんなバカに患者さんの看護が出来るのかよ?


    「結果予見義務」って知っているか?
    どうせ知らないだろ。


    看護師は患者さんの悪化の兆候の危険をあらかじめ予見し、観察やケアを行う義務があるんだぞ!



    「勉強不足で知りませんでした」じゃ済まされない世界なんだよバカ!



    こっちがシッカリ見ておかないと患者さんが死んでしまうかもしれないんだぞ!人の命の重要さがわかっているのか?
    お前らみたいなのは死ぬ気で勉強してちょうど良いくらいなんだよ・・・ったく!




    バカ、バカ、バカ、バカ、BAKAぁぁぁぁぁ



    あ~大人げないけどスッキリした。



    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    [トラバURL]http://kamenkango.blog.fc2.com/tb.php/45-0eb5980e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。