×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×病院就職活動の実態~看護師の就職について

    看護師の病院就職は早めに済ませろ



    夏になるにつれて病院就職の準備が始まります。
    病院側は来年度の看護師を確保するために動き出し、看護学生は色んな病院を探し始めます。

    ハッキリ言って、今の看護師の就職は「ひくてあまた」です。
    病院を選ばなければどこでも就職できます。

    ただ、看護学生にとっては「できるだけ条件の良い病院で働きたい」というのが正直なところでしょう。


    yahooやgoogleの検索でも「病院」「看護師就職」「条件が良い」などのキーワードで検索されているようです。


    たいてい、看護師の就職について検索すると、トップページに出てくるのは就職の斡旋業者がズラッと並びます。


    そんな中から良い病院を探そうとしても無駄。



    無駄 むだ ムダ MUDAぁぁぁ!



    そこには大人の都合により、現状は隠されています。
    悪い事は書かれていない。



    そりゃそうだよ。
    病院に頼まれてお金もらって成り立っている会社なんだもん。



    おかしくないですか?
    どの病院も必ず「良いところ」と「悪いところ」があるはずです。

    「悪いところがない」なんて、怪しい証拠。




    まぁ、右も左もわからない看護学生ちゃん達にそれを見破れというのは酷なこと。



    いいか。学生たち、よく聞け!(←だれ?)

    俺は福岡の病院情報なら持っている。

    分かる範囲で答えてやるからどんどん質問しろ!
    そして、このブログを世界に広めるんだぁぁぁ(←結局これが狙い)


    他の県のやつは福岡に来い!(←バカ)



    いや、実際あるんですよ。

    「H病院は新人は21時頃まで残っている」
    「S病院のICUはいじめられるからやめとけ」
    「N病院は意外と給料が安い」
    「I病院は忙しい」
    「T病院は退職金が良い」とか・・・


    どの世界にも「裏事情」というものがあります。

    実際、自分が働いている病院のホームページ見て「やだぁ」「うそばっかりぃ~」(←オカマ?)って思いますもん。


    現実は甘くないって事です。




    んで。

    結局何が言いたいかって?


    病院に就職する前に足を運べ


    たいていの病院は見学会や説明会を行っています。
    実際にその病院に足を運んで「雰囲気」を知るといいと思います。

    実際に行ってみると「白衣がダサくてがっかりした」という事もありますしね。


    面倒なら一つだけ業者に登録


    コネや情報が無いなら業者に登録して条件を言います。
    「チョッと難しいだろうな」という条件を言ってみるのも手です。

    たくさん登録すると自分が分からなくなるので1つだけ登録します。
    (たいてい無料です)


    ・給料はどのくらいか?(1年目は大体350万円前後だと思う・・・)
    ・休みの日に出て行くことは多いか?
    ・福利厚生はどうなっている?(住宅手当とか)
    ・寮など近くに住むところはあるか
    ・交通の便は良いか
    ・周りの物価はどうか


    くらいは聞いておきましょう。


    自分の納得できる条件で探すべきです。
    特にこだわりが無いならどこでも良いと思います。


    あとは考え方を少しシフトする必要があります。
    条件ばかり言っていると「もっと良いところ」を求めてしまいます。
    (人間とはそういう生き物です)



    この病院に入って「自分が周りを変えていく!」という心意気が欲しいところです。


    新人時代はとにかく素直に勉強。
    怒られるのも勉強。
    恥をかくのも勉強。


    一番危険なのは、周りに「やる気の無いやつ」と思われる事です。

    やる気の無い人間に周りは教えようとしません。
    自分だって素直に聞かない人に話すのは嫌でしょ?

    やる気の無い人間と思われると自分の成長が止まります。


    元気よく挨拶をして、恥ずかしくても体当たりで経験を積む。

    失敗したら素直に謝る。
    「以後気をつけます」と言い、メモる。


    そうなれば自ずと周りが支えてくれます。





    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    [トラバURL]http://kamenkango.blog.fc2.com/tb.php/44-531d5d33
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    看護師の世界も終わった・・・と思った瞬間
    看護師の世界の終わり こんにちは。 「ゆとり世代」を教育している看護師のKeiです。 (新人看護師:赤色)「Keiさん、患者さんの呼吸器のFIO2が30%ってなっているんですけど」 ... 看護師・医療ブログ カンゴノオト[2013/06/04 23:25]
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。