×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×新人看護師よ、まずベッドサイドに行きなさい

    ベッドサイドに行かない新人看護師



    看護師電子カルテ

    新人看護師が入職して早2ヶ月が経とうとしています。
    医療の現場も電子化が進み、カルテは電子カルテになってしまいました。

    最近の新人看護師を見て感じるのは、ベッドサイドに行かないという傾向にある事を感じます。


    私のいる病棟はICUなのですが、新しく入院している患者さんがいてもベッドサイドに行かず、まず電子カルテから情報を得ようとしています。

    正直言って、カルテの文章は非常に読みにくいのです。
    文章力や表現力は人それぞれですし、医師と看護師で表現の仕方が違ったりします。

    そこから情報を頭に入れようとしても頭に入ってきません。


    まずベッドサイドに行って、患者さんの状態を見る。
    人工呼吸器の設定だったり、表情だったり、投与されている薬液だったり・・・


    それだけ見ると、最低でも状態が安定しているのか不安定なのかわかります。
    投与されている薬液を見れば何の疾患の患者さんなのかほぼわかります。



    看護師はまずベッドサイドで情報を見る事です。
    ビジュアルでイメージした後で、必要な情報を電子カルテの文章から引っ張りだしてくれば頭にシッカリと残り、今日必要な看護も見えてきます。


    先輩看護師は新人看護師と一緒にベッドサイドに行って、何を見るべきなのかアドバイスをしながら教えて行くと新人はグンと伸びてきます。


    画面ばかり見ていても答えは見つからないという事をまず知ってほしいですね。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    [トラバURL]http://kamenkango.blog.fc2.com/tb.php/40-e10f50f9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    看護師の世界も終わった・・・と思った瞬間
    看護師の世界の終わり こんにちは。 「ゆとり世代」を教育している看護師のKeiです。 (新人看護師:赤色)「Keiさん、患者さんの呼吸器のFIO2が30%ってなっているんですけど」 ... 看護師・医療ブログ カンゴノオト[2013/06/04 23:25]
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。