×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×看護師の勉強方法

    看護師の勉強方法について考える



    4月から新人が入って来て、「Keiさんはどんな勉強をやっているんですか?」と聞かれました。


    看護師の勉強はメモから始まる



    看護師となり、同時に社会人になって勉強の方法で悩んでいる方は多いと思います。

    学生の頃と違って、看護学校で使った教科書をはじめから読んだ所で日頃のケアには通用しません。
    なにしろ、教科書は退屈です。


    社会人には社会人の勉強方法があります。

    わからない点は人それぞれです。

    解剖が苦手な人、生体のメカニズムがわからない人、薬がわからない人・・・

    そして、勉強する内容も部署によって全然違います。


    消化器・循環器・脳外科・精神科・・・
    それぞれ科に合った勉強を行わなければなりません。


    看護師の勉強はベッドサイドのメモから始めるのが一番です


    手術後の外科の患者さんを受け持ったとします。

    回腸を切除して、ストーマを作り、S状結腸も切除・・・
    呼吸状態が悪かったので人工呼吸器装着中。



    解剖で腸の場所がわからないといけません。
    ストーマをどこに作ったか、では何に気を付けるべきか、その場所から出る排液はどんなものか。

    腸を切っているという事は電解質の異常はないか。

    ドレーンはどこに入っているか、それはなぜか?

    呼吸状態が悪いのはなぜか、人工呼吸器のモードは何か?それはなぜか?

    など、見る場所はたくさんあります。


    わからなければメモしておかなければ次の瞬間忘れます。

    メモは
    「回腸どこ」
    「ストーマのパウチ」
    「ドレーンの位置・種類」
    「腸切除と電解質」
    「人工呼吸のモード」

    などのメモで構いません。
    後から調べる為のキーワードがあれば十分です。

    先輩看護師に教えてもらった事も絶対にメモします。
    後からまた勉強しないとすぐに忘れますので、このメモも簡単で大丈夫です。


    私が思う看護師のメモ帳の選び方



    看護師がベッドサイドでメモをし、それを勉強につなげる為のメモ帳はA7サイズがベストだと思います。

    RHODIA(ロディア)のNo,11やニーモシネN189 A7sizeなどが個人的には好きです。

    ↓クリック!
    ブロック No.11【方眼】 cf11200

    ↓クリック!
    マルマン ニーモシネ 特殊方眼罫ノートパッド A7


    A7サイズという胸ポケットに入れられるサイズでちぎることができます。
    メモの用紙は片面しか使いません。
    両面に書いてしまうと後でノートに貼れません。

    仕事が終わって、必要な部分はそのままノートに貼ります。
    不要な部分は捨てます。

    IMG_2148.jpg


    はじめの方は2~3週間に1冊程度使うペースになると思います。


    看護師の勉強ノートはどれが良い?



    ノートはA5サイズが私は好きです。

    A5サイズのノートはA4サイズの用紙を横にしてそのままピッタリと貼れます。
    一般的に使われる用紙はA4サイズです。

    ネットで調べた物を印刷し、そのまま貼ったりします。


    個人的にはLIFE NOBLE NOTEが好きですね。

    ↓クリック!
    ノーブルノート A5 5mm方眼罫 N33


    100枚という厚めのノートなので、1~2年使えます。

    ノートが2冊になると持ち歩かなくなるので私は勉強用にはLIFE NOBLE NOTEを使っています。

    少し価格は高めですが、紙の質も良質ですし、安心してじっくりと使えます。

    IMG_2149.jpg

    IMG_2150.jpg


    看護師の勉強方法まとめ



    色々と書いたように、メモ(A7)+ノート(A5)がベストです。

    特にメモは命だと思ってください。

    ベッドサイドで一生懸命働いて、仕事が終わると何を言われたか一瞬で忘れてしまいます。
    言われた事や思った事は必ずメモをするようにします。

    これができない人はいつまで経っても仕事ができない人で終わります。
    メモをして怒られる事はありません。

    そして、先輩看護師の言っている事をメモすれば、その先輩看護師は「私の言っている事を聞いてくれているな」と思い、必要以上の情報をくれます。

    先輩看護師も人間です。
    話を聞いてもらえない人間に話すより、話を聞いてくれる人間に話す方がうれしいものです。


    メモ帳をまとめて虎の巻を作る人もいますが、私はあまりオススメしません。
    労力と時間が勿体ないからです。

    必要なら勉強したノートを縮小コピーして虎の巻として持ち歩く方が良いと思います。


    最近は市販の看護師用ポケット本もたくさん出ていますが、現行の物はホトンドベッドサイドで使い物になりません。

    試しに1冊買って使ってみるとわかると思いますが、あれは机上の学習用の本を小さくしただけです。
    いざベッドサイドで使おうとすると使い物にならない事を気づかされます。

    ベッドサイドで使える本は私の知るところではハートナーシングが1月号から付けている付録だけです。

    もう少しまともな本が出てくれれば良いのですが・・・

    看護師になって、看護学校時代に習った知識を驚くほど忘れている事に気づくと思います。
    それでも社会に出た以上、責任を持って仕事をしないといけません。

    周りに信頼されるできる人になるか否かは自分次第です。

    この勉強方法が看護師の皆さんのお役に立てればうれしいです。
    効果は1ヶ月ほどで出てきますよ!
    試してみてください。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバック

    [トラバURL]http://kamenkango.blog.fc2.com/tb.php/19-3470c0e8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    まとめtyaiました【看護師の勉強方法】
    看護師の勉強方法について考える4月から新人が入って来て、「Keiさんはどんな勉強をやっているんですか?」と聞かれました。看護師の勉強はメモから始まる看護師となり、同時に社会... まとめwoネタ速neo[2012/05/24 10:53]
    看護師国家試験の勉強法
    看護師国家試験の勉強法を伝授 看護師になってもう10年以上が経ちます。 毎年国家試験・国家試験と冬になったら聞かれますが、国家試験はあくまで通過点です。 ハッキリ言って、... 看護師・医療ブログ カンゴノオト[2013/06/05 11:33]
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。