×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×看護師~ファーストレベル研修に行く

    ファーストレベル研修が思っていた以上に面白い


    今、看護師の看護管理認定講習~ファーストレベル研修に行っています。
    正直、行く前は「行って何のメリットがあるの?」「興味ないし・・・」と否定的感情ばかりでした。

    看護師になって約15年。
    長かったような短かったような・・・

    私も含めですが、看護師というのは否定的に表現したがる生き物のような気がします。

    あまり素直に「あなた、すごいね!」と言いたがらない特異性を持っています。

    誰かの行動を「それは良くないよね」と言ってみたり。
    誰かの書いた記事を「くだらない」と言ってみたり・・・


    何かどこかで納得できていない自分自身を大きく見せようとする癖がある気がします。

    実際、そういうブログもたくさん見ますし、私自身もそういう記事を過去に何個も書いてきました。
    結局どこか人のせいにしてしまいたいのでしょう・・・

    そのほうが楽ですしね。



    そういう私がファーストレベル研修に行って思うことは・・・

    看護師の中にもすごい人がいたんだ!


    ということ。

    講師の先生がすごく頭が良くて、上手いんです。
    受講生の中に「この人すごいな~」という人にはまだ出会っていませんが、講師はすごい!

    こういう人が私の病院の看護部長になればいいのに・・・
    と思ってしまいました。


    ファーストレベル研修での一番の収穫はここかもしれません。


    「レポートが大変」と言われますが、講義をよく聞いて、自分の考えを入れながら書けば何とかなります。
    思ったより大変な感じではなく、楽しく受講できています。


    看護とは何かを言葉で表したり、看護管理者に必要な考えや過去の文献に触れたり
    法律関係を学んだり・・・現場では学べないことを学ぶことができます。


    ファーストレベルに対して否定的な私でしたが、受講してみると「悪くないね」と思いますし、
    こういう事を後輩にも広げていかないといけないな・・・と感じています。


    私も時々人前で講習会をすることがありますが、もう少し「看護」を伝えていかないといけないな・・・と反省させられました。
    看護がまだ見えていない自分自身がいます。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。