×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×MARS・SLIRS・LISISとは

    MARS・SLIRS・LISISって何?ますますわからんぞ(汗)



    MARS(Mixed Antagonistic Response Syndrome)
    MARSはSIRSとCARSの状態が絡み合って進行していく場合を言います。

    MARSのMはミックスのMなんだね・・・


    SIRS・CARS・MARSとそれぞれの状況において、免疫能が過剰反応を来している場合、それぞれのステージにおいて治療が異なってきます。

    最近はSLIRS(Systemic and Local Inflammatory Rsponse Syndrome)やLISIS(Local Inflammation-induced Systemic Immunosuppression Syndrome)という概念が提唱されているそうです。

    SLIRSは炎症反応が優位になっている時期
    IL-6の作用によって肝臓で急性相蛋白であるCRPが産生されるため、血液データ上CRPが上昇します。

    また、LISISでは免疫能が優位となり、CRPの産生量が減少し、データ上下がっていきます。
    このようにCRPが下がりはじめた時期をLISISととらえることができます。


    免疫能が過剰になっている時期(SLIRS)では、不必要な介入は避けます。
    LISISのように免疫能が低下している場合は、ストレス回避はもちろん、リラクゼーションなど免疫能を高められるケア介入が望ましいようです。

    余計なストレスや新たな侵襲、感染を回避して行くことで炎症反応のコントロールを行う必要があります。


    ↓面白かったらクリックしてね☆
    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
    にほんブログ村
    関連記事
    スポンサーサイト

    ×CARSとは

    CARSってあまり聞かないけど・・・何だ?




    CARS(Compensatory Anti-inflammatory Response Syndrome)
    CARSは代償性炎症反応症候群と言われます。

    生体にある作用が働くと、同時に反作用の動きが発現し、恒常性を維持しようとする働きがあります。

    具体的には、炎症性サイトカインが発現すると、それを拮抗しようと抗炎症性サイトカインや炎症性サイトカインの拮抗物質が誘導されます。

    抗炎症性サイトカイン→IL4・IL-10・TGF-β・STNFR・IL-1 Raなど


    その拮抗の影響により、炎症性サイトカインが過剰に抑制された場合、免疫力が著しく低下し、易感染状態となります。

    この免疫抑制状態をCARSと言います。


    ↓面白かったらクリックしてね☆
    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
    にほんブログ村
    関連記事

    ×SIRSとは

    SIRS(Systemic Infammatory Response Syndrome)って何だろう



    SIRSは全身性炎症反応症候群
    身体の侵襲によって全身に炎症反応が惹起されている状態


    以下の条件のうち、2つ以上の項目を満たす場合にSIRSと診断される。

    ・体温:<36.0℃ , >38.0℃
    ・脈拍:>90回/分
    ・呼吸数:>20回/分 , PaCO2 < 32Toor
    ・WBC:>12,000 , <4,000


    個人的には・・・「どこにでもいるジャン」と思いますね。
    ICUに入ってくる患者さんはほとんどSIRSと言っていいのでは・・・?と思えるくらいの条件ですね。


    SIRSは、手術・外傷・感染症やさまざまな疾患において発現しますが、その状況下において、感染が存在するものをSepsis(敗血症)としています。



    そして、SIRSの兆候は、炎症性サイトカインの影響で発現しています。

    体温の上昇:IL-1・IL-6
    頻脈:IL-1・TNF-α
    過喚気:IL-1・TNF-α
    白血球増加:G-CSF・GM-CSF・IL6など

    関連記事

    ×AVM(動静脈奇形)の子

    AVM(動静脈奇形)は突然症状が出るから怖い。

    脳の動脈や静脈の奇形で、先天性のもの。
    普通は分からない。
    奇形部分の血管は弱いから何かの拍子に破れる。


    つまり脳出血

    腹部の臓器は柔らかいので出血してもある程度大丈夫だったりするのだが、頭は骨で覆われているので一気に脳圧が上がる。


    出血量によっては致命的になる。

    症状は人それぞれ。
    突然の頭痛や吐き気。
    意識が無くなったりする。

    予後が悪いことが多い印象。


    出血部位は一時的に虚血状態になるので、脳の細胞が死んでしまう。
    つまり脳梗塞のような感じになる。


    CTでは2~3日後にLDA(低吸収域)が著明に現れる。

    麻痺が残ったり言語障害が残ったり・・・
    怖い病気だと思います。
    関連記事

    ×ブリディオンという薬

    ブリディオン静注200mg

    あんまり使わないから知らなかった。
    筋弛緩回復剤


    オペ後に麻酔の醒めが悪かったり、四肢の動きが微妙だったりした時に使っていた。

    AAA切迫破裂でグラフト置換したおばあちゃんがいて、覚醒が微妙だったから使ってみるとパッと覚醒してきた。

    効くもんだ。
    関連記事

    ×PEEPとは

    PEEP:positibe end-expiratory pressure




    呼気終末圧(息を吐き出した時の圧)を陽圧に保つ方法。
    わかりにくいですが、息を全部吐き出させないとも言えます。


    これにより気道や肺胞の開存を維持するので動脈血酸素化は改善します。


    具体的なPEEPのかけ方


    1)最小PEEP 2~5cmH2O
    通常、気管挿管中のすべての患者に最小PEEPが適応される

    2)least PEEP 5~10cmH2O
    無気肺予防になるが酸素化改善効果はほとんどない。
    低酸素血漿に対してはFIO2を0.6以下で十分な酸素化が維持できる最小限のPEEPを2~5cmH2Oずつ調整する。

    3)best PEEP 10~15cmH2O
    急性肺傷害を合併した場合は肺保護効果を期待して行う。
    初期のARDSでは10~20cmH2OのPEEPが必要になる

    4)aggressive PEEP 20~30cmH2O
    重度ARDSにおいて高濃度酸素吸入を極力回避する目的で使用する意見もあるが、循環不全や圧外傷の危険があるので注意
    関連記事

    ×人工呼吸ウィーニングの指標

    人工呼吸のウィーニング



    1)呼吸不全の原因が改善している
    2)酸素化が改善している
     FIO2≦0.5でPO2>100mmHg
    3)呼吸性アシドーシスがない
     PaCO2<50mmHg
    4)循環動態が安定している
     心拍数≦140回/min
     低血圧がない(ドブタミンまたはドパミン<5γ)
     貧血がない(Hgb≧8~10g/dL)
    5)発熱がない(体温<38℃)
    6)電解質に異常がない
    7)意識レベルが適切
    8)担当医がウィーニング可能と考えている


    メモとして書いておきます。
    関連記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。