×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×サードブランチ(3rd branch)

    サードブランチ(3rd branch)って何??



    冠動脈のサードブランチ(3rd branch)って知っています?

    基本的に本にあまり載っていないので、理解するまで時間がかかりましたが、LMT(左前下行枝)から下にのびる1本の冠動脈らしいです。

    冠動脈

    3rd branch


    このサードブランチ(3rd)はある人とない人があるようなので、一般的な本にはあまり書かれていません。

    代表的な冠動脈は右冠動脈と左前下行枝、そして回旋枝という3本になりますが、人によっては+1本か2本か枝分かれしている人もいるらしいのです。

    あまり知られていないようですが、かなりの数があるらしく・・・
    結局「人それぞれ」ってわけです。


    私もわからず、色々と調べてみましたが、載っているものが少なく、結局循環器の先生に聞いて知りました。

    サードブランチ(3rd branch)を調べてこのページに来られた方のお役に立てればうれしいです。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事
    スポンサーサイト

    ×カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典

    カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典という本を5~6年以上前から愛用しています。

    IMG_2078.jpg
    カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典 第3版

    看護師としてもう10年以上経ちますが、日が経てば経つほど後輩が増え、人に聞くのが難しくなってきました(汗)

    心のどこかで「え~!こんな事も知らないの?」と思われたくない・・・というのが正直な所です(←変なプライド)


    そんなお助けアイテムがこの略語辞典です。

    カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典はポケットサイズながら英語(スペル)の訳と略語の訳が前半と後半に分かれてあります。

    ナースの略語辞典

    看護師の略語辞典


    これだけ便利でしかもこの価格です!


    略語に付いては数年間悩んでいて、わからない時に自分で調べていました。
    そして調べた物を自分のメモ帳として持っていましたが、やっぱり追いつきません。

    「後から調べよう」と思って忘れることもしばしばありました。


    そんな時、ある一人の後輩から勧められた本がこれです。

    自分の求めていた本にピッタリだったので、すぐに購入し、今では手放せない存在になっています。

    わからない時にサッと調べられるので時間が短縮できますので、次の仕事が早くなりました。

    カルテを読みながら「これってどういう意味?」と悩まずにすみます。

    もし、この本に載っていない単語が出てきた時は後から調べてこの本に直接書き込んでいます。

    こうして年々情報量が増し、今ではほとんど困ることがありません。

    看護師として働く上で「カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典」は絶対に役に立ちます。

    ↓↓↓後輩や周りの人にも勧めていますが、この本は絶対に買った方がいいですね。
    カルテを読むための医学用語・略語ミニ辞典 第3版


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング

    関連記事

    ×HEART nursing (ハートナーシング)5月号が届きました

    HEART nursing(ハートナーシング) 5月号が届きました

    愛読している「HEART nursing(ハートナーシング)」の5月号が届きました。

    ハートナーシング
    ハートナーシング

    実は私はこのある一部のコーナーを担当させて頂いており、この冊子はHEART nursing(ハートナーシング)から謹呈されたものです。

    どこのコーナーを担当させて頂いているかをここで書いてしまうと素性がバレてしまいますので書けません。
    仮面をかぶった看護師の為、素性をバラすわけにはいけません(笑)


    今月のHEART nursingは新人用に不整脈・心筋梗塞・心不全がまとめられており、循環器で働く方にとっては保存版となる冊子に仕上がっています。

    毎回レベルの高さと内容の濃さが売りで、この冊子でシッカリと勉強すれば人に教えられるレベルに達します。

    他の冊子に比べて少し値は張りますが、いつも価格以上の内容がありますので循環器やICUで働く方は必須になります。


    私は主にHEART nursing(ハートナーシング)とエキスパートナースをよく読みます。

    経験を積めば積むほど知識は増えていきますが、だんだんと新しい情報が入りにくくなってくるのは事実です。

    歳を取ると誰も教えてくれませんしね・・・


    社会人として責任をもって仕事をする以上、専門誌に目を通す事は大切な事だと毎月この時期になると思います。

    とにかく、HEART nursing(ハートナーシング)の5月号はオススメです。

    ↓↓本屋で見かけたら手にとって見て下さいね!
    ハートナーシング


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事

    ×コ・メディカルはもう古い

    コ・メディカルはもう古い


    医師以外の医療専門職の呼び名をコ・メディカルと言ったりしますが、この用語には

    ・意味する職種の範囲が不明確
    ・Comedy(喜劇)の形容詞(Comedical)と解釈される恐れがある
    ・「医師とそれ以外」という上下関係を暗示させる


    などとし、日本癌治療学会ではコ・メディカルという言葉は使わず「看護師」「薬剤師」など医療専門職の名称を使用する事を推奨しています。

    現場で良く使う言葉だったのですが、時代の流れと共にだんだん変わってきていますね。


    ↓参考にしました
    Expert Nurse (エキスパートナース) 2012年 04月号 [雑誌]



    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事

    ×キュビシンって知っている?

    キュビシンって知っている?


    新しいメカニズムの抗MRSA薬にキュビシンという薬が出たそうです。

    副作用が少ない、殺菌作用が早くなった

    というのが売り。

    IMG_2017.jpg



    キュビシンの代謝は主に腎臓なので腎機能が低下した患者には要注意です。

    また、肺のサーファクタントに結合して不活性化されるので、肺炎の患者さんには使えません。

    キュビシン投与中にCPKの上昇が報国されている為、こちらも注意が必要です。


    キュビシンの調剤はブドウ糖を含む希釈は禁忌!
    生食でゆっくり溶かします。

    新しい薬ですが、注意事項も多いです。

    ↓参考にしました
    Expert Nurse (エキスパートナース) 2012年 04月号 [雑誌]


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング

    関連記事

    ×HbA1cの指標と評価が変わった

    HbA1cの指標と評価が変わったらしいです。

    IMG_2018.jpg


    糖尿病の診断の一つとして使用されているHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)ですが、
    平成24年4月よりNGSP値(世界基準の数値)を用いる事になったそうです。

    • 優良:HbA1c 6.2%未満(今までは5.8%)
    • 良 :HbA1c 6.9%未満(今までは6.5%)
    • 可 :HbA1c 7.4%未満(今までは7.0%)


    HbA1cの基準が全体的に+0.4%になっているので注意が必要ですね。


    ↓参考にしました
    Expert Nurse (エキスパートナース) 2012年 04月号 [雑誌]




    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事

    ×病気が見える(脳・神経)を買いました

    病気が見える(脳・神経)を買いました

    病気が見える(脳・神経)


    病気が見える(脳・神経)の本です。

    このシリーズは数冊持っていて、脳・神経をやっと手にしました。
    続きを読む
    関連記事

    ×看護連盟誌「アンフィニ」が届きました

    看護連盟誌アンフィニが届きました。

    看護連盟誌アンフィニ


    看護師のくせにアンチ看護連盟の私です。

    病院から強制的に看護協会看護連盟に入れさせられているのですが、
    看護連盟ってお金ばかり徴収して何も還元してくれないから嫌いです。


    看護連盟なんて別に存在しなくてもよい組織だと私は思っています。


    アンフィニは看護連盟会員に送られてくる冊子なのです。


    看護連盟は嫌いですが、私は基本的に何でもつい目を通してしまうタイプです。

    嫌いな看護連盟から送られてくるアンフィニもJAFメイトもお店のカタログなどもとりあえずサラッと目を通します。


    今回のアンフィニを読んで、感想を一言で述べるならば・・・


    「字が多すぎです」


    神奈川県知事の黒岩さんという人と今度選挙に出るらしい石田さんという人が対談しています。
    この部分は字が多くても仕方ないでしょう。


    ただ、他の特集も字が多い!

    そして一番残念だったのは高階さんの「今こそしっかりした社会保障の仕組みについて議論すべき」という言葉(p44)


    当たり前です。

    そして、「今こそ」って・・・
    今までしっかり話してなかったの?


    内容の薄さが残念すぎてなりません。
    「この人では何も変わらないな」というのは素人の私でもわかります。

    「何をいつまでにする」という内容は全くなく、写真もまるで芸能人と一緒に写ったおばちゃん集団の写真ばかり・・・


    アンフィニを読むたびに毎回こうして嫌な思いをするのです。


    読まなければ良いのに・・・と思うでしょ?

    つい読んでしまう私がバカなんですけどね。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事

    ×はじめに~看護師ブログをはじめました

    カンゴノオトへの御訪問ありがとうございます。

    看護師として10年が経ちました。


    看護師ブログをはじめました



    看護師のKeiです。
    看護師として10年以上経ちました。
    現在ある病院で看護師として働いています。

    看護師として働いていますが、その傍ら本を読んだり、雑誌の執筆をしたり、趣味の文房具を楽しんだりしています。

    こうして看護師ブログをはじめたきっかけは、読んだ人に「こんな看護師もいるんだ」と知ってもらいたい・・・という思いがあったからです。


    看護師としての10年


    看護師として10年以上経ちますが、まだまだベテランとは言い難い面が多いです。

    毎日バタバタと仕事をこなし、時々失敗し、いまだに怒られます。
    10年も経つと看護師の後輩が増えてくるわけですが、私自身「教育」というものが嫌いです。

    最近の若者は・・・と言っても私もあまり変わらないようなレベルでしたが・・・メモが下手だと感じます。
    説明を聞いた時は頭に入っているのでしょうが、大抵の事はすぐに忘れてしまいます。

    情報が多い分、この現象は著明に見られます。この10年で年々感じている事は「メモができる人は仕事ができる」という事です。若い人、若くない人、関係なくメモができる人は仕事ができますし、成長が早いです。

    看護師は常にメモが必要な職業です。
    しかしメモをやっている人は1割もいないように思えます。皆さんの周りはどうでしょうか?



    看護師の仕事


    看護師の仕事は大変・・・そんな事言っていたら始まりません。
    大変なのはどの仕事も同じです。

    看護師は人間相手の職業なので、自分自身と相手を知る事からはじめないといけません。
    この事は10年経ってやっとわかってきた事です。

    表面ではわかっているつもりでしたが、最近ようやく身に染みて感じられるようになりました。
    相手を大事にする事で自分も大事にしてもらいます。因果応報とは良く言ったものです。


    看護師の給料


    看護師の給料は気になる所だと思いますが、一般企業に比べて良いと思います。
    夜勤があるので手当てが良いからです。
    特に大学病院は良いみたいです。
    普通の病院でも10年くらい経てば600万円~800万円くらいの年収になります。

    大学を出た一般企業に勤める友人は「普通は400万円行けば良いほうだ」と言っていました。
    最近は不景気という事もありそのくらいが普通みたいです。

    そう考えると看護師の給料はかなり良い方だと思います。
    副職もやろうと思えばできますしね。(就業規定によりますが)

    なにはともあれ、看護師になって良かったと思える今日この頃です。
    カンゴノオトが皆様のお役に立てるよう努力いたしますので、よろしくお願いします。


    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング
    関連記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。