×スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ×ブログを引っ越しました

    御訪問ありがとうございます。

    このブログは
    http://kangonote.com/
    へ引っ越しました。


    今後共よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    ×看護師にオススメの人気聴診器を考えてみる

    看護師にオススメの人気聴診器とは


    新人看護師が入社してきて、「聴診器って必要ですか?」と聞かれました。
    (なんとまぁ、あっさりと・・(笑))


    もちろん、聴診器は必要です。


    では、どの聴診器が良いのか・・・?
    個人的にはチェストピース(患者さんに直接当てる部分ね)がダイアフラムとベルが両方についている物が好きです。

    ↓こんなのね。
    看護師の聴診器


    Drが使っている高級シリーズ(4~5万円くらいする)は看護師は必要ないと思います。
    (お好きならどうぞ)
    何度か使わせてもらったことがありますが、良く聴こえます。

    ただ、普通の聴診器も聴こえないわけではありませんので、私個人としては普通のもので十分かと・・・
    (この普通っていうのが微妙か・・・)




    聴診器といえばリットマン?


    う~~ん。そうですね。
    リットマンは人気がありますし、ランキングでも常に1位に入ってきますよね。
    個人的にも「リットマン」が無難だと思います。


    一般的に人気のリットマン Classic II S.E.なんかは、値段も1万円くらいで、こなれていると思います。
    (長く無難に使えます)


    →→人気No.1 リットマンクラシックII SE




    ただ、やっぱり少し重いんだな・・・リットマン Classic II S.E・・・
    チョッと聞くなら良いけど、首に長くかけておくとジャマ。


    聴診器って、聞いている時間より持っている時間の方が長いよね・・・と感じる。


    忙しいときにぷら~~んと顔元にきたりするとイラットします。


    他のメーカーの聴診器も使ってみましたが、リットマンより軽いけど、ゴム管(あのゴムのヒモの部分ね)が固かったり、イヤーピース(耳に入れる部品)が痛かったり・・・

    やっぱりリットマンが良くできています。
    音もリットマンの方がよく聞こえる気がします。



    そこで、そこで!

    私がオススメしたいNo.1聴診器は・・・



    リットマン ライトウェイト II SE

    →→リットマン[Littmann] 聴診器軽量モデル


    楽天での聴診器順位は49位!
    何でこんなに低いんだ~~!

    これは、軽いし、質感も良いし、音も良く聴こえるし、看護師の仕事の効率を確実に上げてくれます!
    しかも、値段が安い!
    コレは一つ持っておいても損はしない一品です。


    チェストピースの見た目がプラスティックなので何だか心細く感じるかもしれませんが、あの重さから開放されて、楽に仕事がこなせます。
    「使える聴診器」というのはこういうものだ!と感じることができるはずです。
    看護師として15年働いていますが、私はこれが一番使いやすい聴診器だと思います。


    ↓アマゾンでも確認してみてください
    スリーエム リットマン ステソスコープ ライトウェイト・ツー・エス・イー 2450 ブラック 71センチ



    本当に良いですよ☆





    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


    ブログランキング


    →新しい「カンゴノオト」もヨロシクです

    ×看護師と手帳

    看護師に手帳は必要なのか


    看護師になって、しばらく「手帳」を使っていませんでした。

    私たちの1日は、患者さんの状態や訴えに左右されて、一日の予定を立てにくい状態にあります。

    やることは多いけど、予定が立てにくい・・・

    つまり、初めから手帳を使うことをあきらめてしまうのです。



    少し歳をとってきて、手帳の大切さを知るようになります。
    手帳を使うことで仕事の「抜け」が減り、確実に早く仕事が進むようになります。

    最初は実感できず、手帳の書き方もわからなかったので悩んだ時期もありましたが、だんだん上手に使えるようになってきて、今では手帳なしでは仕事をこなしていけません。


    看護師という仕事は情報の流れが一気に来ます。
    患者さんの訴え、患者さんのバイタルサイン、突然の入院、医療機器のトラブル、看護師意外の仕事、電話、家族の訴え・・・など数えればキリがないほどです。

    そんな複雑な仕事をこなしながら「あ。これやってなかった」「これがあればいいのに」「提出期限が来週だった」など頭の中にフッと沸いてくる思いつきがあります。

    歩きながら考えるので、色んな事を考えています。


    そういう時に手帳が役に立ちます。


    看護師の手帳は「予定」を立てるものではなく、「メモ」に近い使い方が良いと思います。

    もちろん、カレンダーに予定を記載するのも便利です。

    しかし、それ以上に「思いつき」や「考え」を一元化して、後から思い出すトリガーツールとして手帳を使うと手帳が生きてきます。


    新人であれば、先輩から「これ、調べておいてね」と言われる事もしばしばあります。
    その時は「はい」と答えるけど、仕事が終われば「何だったっけ?」となるわけです。

    ベテランなら先生がフト発した言葉を「後で調べよう」と思うかもしれません。
    メモをしていないとその言葉さえ出てこなくなります。


    細かい事ですが、この積み重ねは大きな差を生みます。


    最近は「看護師手帳」などという便利なものも発売されるようになりました。
    どのような手帳を使っても良いのですが、ポケットに入れて持ち運べ、カレンダーの付いたものが便利です。

    私はNOLTYのライツ3というオッチャン手帳を使っていますが、この絶妙なサイズと使い勝手には脱帽です。

    看護師と手帳・・・手帳を使いこなす人はやはり「できる人」なのです。


    まずはポケットに入る手帳を手に入れてみて下さい。
    人生が変わります。



    ↓私が使っている手帳です(クリック!)
    9005 4月始まりNOLTYライツ3小型版(黒) 2014




    看護ランキングに参加中
    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ





    ブログランキング

    ×クローン病まとめ

    クローン病の概要



    ・腸管粘膜に慢性の炎症や潰瘍を引き起こす原因不明の炎症性腸疾患(IBD)

    ・口腔から肛門までいずれにも病変が生じる

    ・好発部位は回盲

    ・遺伝や生活環境によると言われている

    ・男性で20~24歳、女性で15~19歳が最多

    ・発熱・体重減少・倦怠感・貧血・腹痛・下痢・腹部腫瘤など

    ・CDAI scoreで重症度を判定

    クローン病の治療


    ・ペンタサ(メサラジン)←小腸病変を有する時

    ・サラゾピリン(サラゾスルファピリジン)←大腸型クローン病

    ・副腎皮質ステロイド(プレドニゾロン)

    ・生物学的製剤としてレミケードとヒュミュラが承認されている

    ・白血球除去療法(透析)

    ・免疫調整剤;イムラン・アザニン・ロイケリン

    ・経腸栄養療法:エレンタールなど

    ・腸管穿孔や小腸ガン・大腸ガンを有する場合はすみやかに開腹または腹腔鏡下手術を検討する


    クローン病の日常生活


    ・過労・ストレス・喫煙を避ける

    ・脂肪の多い肉類や香辛料・アルコール・炭酸飲料・カフェインなどの刺激物、極端に熱い物や冷たいものをw避ける

    ・牛乳を飲むと腹部違和感を覚える乳糖不耐性の患者さんは乳糖を制限する




    看護ランキングに参加中
    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ





    ブログランキング

    ×MARS・SLIRS・LISISとは

    MARS・SLIRS・LISISって何?ますますわからんぞ(汗)



    MARS(Mixed Antagonistic Response Syndrome)
    MARSはSIRSとCARSの状態が絡み合って進行していく場合を言います。

    MARSのMはミックスのMなんだね・・・


    SIRS・CARS・MARSとそれぞれの状況において、免疫能が過剰反応を来している場合、それぞれのステージにおいて治療が異なってきます。

    最近はSLIRS(Systemic and Local Inflammatory Rsponse Syndrome)やLISIS(Local Inflammation-induced Systemic Immunosuppression Syndrome)という概念が提唱されているそうです。

    SLIRSは炎症反応が優位になっている時期
    IL-6の作用によって肝臓で急性相蛋白であるCRPが産生されるため、血液データ上CRPが上昇します。

    また、LISISでは免疫能が優位となり、CRPの産生量が減少し、データ上下がっていきます。
    このようにCRPが下がりはじめた時期をLISISととらえることができます。


    免疫能が過剰になっている時期(SLIRS)では、不必要な介入は避けます。
    LISISのように免疫能が低下している場合は、ストレス回避はもちろん、リラクゼーションなど免疫能を高められるケア介入が望ましいようです。

    余計なストレスや新たな侵襲、感染を回避して行くことで炎症反応のコントロールを行う必要があります。


    ↓面白かったらクリックしてね☆
    にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
    にほんブログ村

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。